笑顔で過ごせていますか?笑顔が持つ力とは…  袖ケ浦市の訪問リハビリマッサージ 伊藤リハビリセンター

いつもブログをご覧になって頂き、本当にありがとうございます。
袖ケ浦市の訪問リハビリマッサージ、伊藤リハビリセンターです。

さっそく質問ですが… 皆様、最近笑ってお過ごしでしょうか?

新型コロナウイルスにより外出自粛、帰省自粛、ステイホームなどで今までとは違った日常をお過ごしかと思います。
それに伴い、お孫さんに会えない、友人に会えない、旅行に行きたいけど控えているなど思いっきり笑ったり、楽しく過ごす時間が減ってしまっている方も多いのではないかと思います。

東洋医学的な見方で「病は気から」という言葉があり、「気」というのは独特な概念を持っていて、目に見えないエネルギーの総称の事です。
気の流れがスムーズな状態を元気、気の流れが乱れている状態を病気と考えます。

「気」とは、気持ちの部分だけではなく、私たちが吸っている空気や人がかもしだす雰囲気や話す言葉という気は周りを元気にも病気にもします。

…という事は、そうです!


まず何気ない毎日でも「笑顔」で過ごすという事を心がけるだけで「気」を動かし、健康的な日々を過ごせると思いませんか?

 

今回は「笑顔」が持つパワーを少しご紹介します!

「笑顔」には幸せな連鎖をもたらすだけでなく、免疫力を向上させたり他にも身体に様々な良い効果をもたらす事が分かっています。

〇笑顔の相乗効果で脳を活性化
脳の海馬という器官は、新しいことを学習するのに働く場所です。笑うと活性化されて、記憶力がアップします。また「笑い」によって脳波のなかでもアルファ波が増えて脳がリラックスするほか、意思や理性をつかさどる大脳新皮質に流れる血液量が増加するため、脳の働きが活発になります。

〇血行促進
思い切り笑った時の呼吸は、深呼吸や腹式呼吸と同じような状態です。体内に酸素がたくさん取り込まれるため、血のめぐりが良くなって新陳代謝も活発になります。

〇自律神経のバランスが整う
ここ最近、自律神経という言葉をよく耳にしませんか?
自律神経には身体を緊張モードにする交感神経とリラックスモードにする副交感神経があり、両方のバランスが崩れると体調不良の原因になります。このスイッチの切り替えがスムーズに行われることにより、自律神経のバランスは整います。

〇病気に負けない身体作り・筋力アップ
笑っている時には心拍数や血圧が上がり、呼吸が活発となって酸素の消費量も増え、いわば「内臓の体操」を行っている状態。静かに過ごすより笑っている方が、カロリーの消費量も多くなります。さらに大笑いすると腹部の筋肉も動くため、多少ながらも筋力を鍛える事が出来ます。

〇免疫力向上・痛みの鎮静作用
笑う事でナチュラルキラー細胞という免疫細胞が活性化し、免疫力が向上します。
また、笑うとエンドルフィンという脳内物質が分泌され、痛みを和らげる効果があるという事も報告されています。

このように、笑顔でいる事、笑顔で過ごすことは身体にも、心にもとても良い事なのです!暗いニュースも多いですが、自分自身が笑顔になれる事を探し小さな喜びがたくさんの生活を送れるとよいですね!
私たち伊藤リハビリセンター(訪問リハビリマッサージ)のメンバーも、ご利用者様やご家族に笑顔を与えることができるように頑張ります!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA