マッサージの刺激量について 袖ケ浦市の訪問リハビリマッサージ 伊藤リハビリセンター

いつもブログをご覧になって頂き本当にありがとうございます。
袖ケ浦市の訪問リハビリマッサージ 伊藤リハビリセンターです。

本日、患者さんから「気持ちいいからもっと長い時間マッサージして欲しい!」と嬉しいお言葉を頂きました。
患者さんから「気持ちいい!」とか「良くなってきた!」「趣味ができるようになってきた!」などと言って頂けると、施術者としては本当に嬉しいですし、この訪問マッサージという仕事に就けてよかった!と感じることができます。

伊藤リハビリセンターの施術時間は(マッサージ、ストレッチ、関節運動、場合によっては簡単な起立・歩行練習など)30分です。しかし、患者さんのご希望によっては自費施術も交えて時間を延長してみさせて頂いている方もいらっしゃいます。

ですが患者さんの症状や体力などによっては長い時間の施術をお断りさせて頂くこともなかにはあります。それは、「刺激量」の問題です。マッサージというものは(鍼や灸も同様ですが)、その人に適切な刺激量でなくては逆効果になってしまうこともあります。私たち伊藤リハビリセンターのスタッフは全員が国家資格保持者であり、「刺激量」の判断は個々でしっかりと行えています。
「刺激量」と聞くと、「マッサージの圧す強さ」だけかと思いがちですが、施術時間も「刺激量」に影響します。例えば、軽いマッサージであっても時間が延びれば延びるほど「刺激量」は積み重なり大きくなります。結果、高齢の方や免疫力が落ちている方などは身体が逆にだるくなってしまったりすることもあります。
マッサージを長い時間受ければそれだけ効果が上がるわけではないのです。

特に私たち訪問マッサージの患者さんは、病気の後遺症を持っている方、難病をかかえている方が多いため、一回二回の施術で治るというよりも、長い目で見て、無理なく病気と付き合っていく、現状維持をしていく事が目標という方が多いです。

効果を出すのであれば、一回の90分の施術を週一回受けるよりも、短い時間の施術を週三回受けた方が効果は明らかだと思います。

患者さんのご要望にお応えできない事は、心苦しい部分もありますが何よりも患者さんの身体を第一に考えて判断させて頂いております。

(もちろん、体力的にも、お身体の状態的にも長い時間の施術が望ましい方に関しては自費施術も受けさせて頂いております。)
もちろん、病気を治せれば最高です。しかし難病を完治させたり、後遺症をまったく無くすことは私たちにはできません。ですが、ちょっとでも良くしたり、気持ちを前向きにしたりすることはできます!

長い目で見て、その患者さんが今後幸せに生活していくには?不便を感じないためには?そこを考えて施術していくことが、訪問リハビリマッサージの役割です。

より効果的であり、より身体にやさしい施術を今後も伊藤リハビリセンターでは追求していきます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA