痛いところだけの施術で良いのでしょうか? 袖ケ浦市の訪問リハビリマッサージ 伊藤リハビリセンター

いつもブログをご覧になって頂き本当にありがとうございます。
袖ケ浦市の訪問リハビリマッサージ 伊藤リハビリセンターです。

私たち伊藤リハビリセンターでは、病気やケガの後遺症や難病、筋力の低下などにより自力での歩行が難しくなってしまった方や寝たきり生活になってしまった方の施術を行っています。施術内容としては、マッサージやストレッチ、関節運動や鍼灸のほか、簡単な起立訓練や歩行練習も行います。

本日、患者さんから「左膝が痛いから、左膝だけマッサージしてください」とのご要望がありました。
患者さんには説明し納得して頂いたうえで、左膝を重点的に施術はしましたが、右下肢や腰、肩まわりの施術も行いました。

施術者により色々な考え方があります。

痛みの出ている部分だけ施術をする先生、痛みの出ている部分は触らずに施術をする先生、どんな症状であれ全身を施術する先生…

ホント色々だと思いますが、すべて間違いでもないと思います。

なぜ患者さんは「左膝だけ...」と言ったのに全体的な施術をしたのか...?

私の考えはこうです!

左膝に痛みがあることで、普段の動作(歩行や立ち上がり動作、椅子へ座る動作など)での身体の使い方が変わってしまいます。無意識に左膝に痛みが出ないような動きになり、反対側の足の負担が増えます。歩行においては腕の振り方も変わってきますし、立ち上がり、椅子へ座る動作では腕の力をいつもより使って動きます。

考えるといろんな動作に影響が出ているのです。痛みが長引けば、必ず左膝以外の場所にも痛みが出てくるでしょう。

そのために

①左膝の痛みをはやく引かせてあげること。
②ほかの部位の負担が大きくならないようにすること。

を考えて施術しました。

一か所が悪くなると、必ず他の部位の負担も増えるという考え方です。

私たちの患者さんは、介護を必要としている方がほとんどです。ヘルパーさんや患者さんのご家族などの力を必要としています。そのため、身体機能の低下が起これば介護負担も増えてしまうのです。

人は年を重ねるごとに機能低下は起きやすくなります。私たち伊藤リハビリセンターでは、患者さんの身体的機能低下ができる限り起きないようにし、介護負担を増やさないことも目的としています。

患者さんも、患者さんのご家族も笑顔ある日常生活を送れるようお力になれればと思っております!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA