鍼の衛生面について

袖ケ浦市野里のはり・きゅうイトー整骨院(公式)です。

「鍼は感染症の心配はないのか?」と、よく聞かれます。

あまりにもストレートな質問ですが、

受ける側にとってはそう思うのは珍しくないので、それにお答えします。

 

あん摩マッサージ、はり師、きゅう師に関する法律の第6条に、

「はり師は、はりを施そうとするときは、

はり、手指及び施術の局部を消毒しなければならない。」と、あります。

 

実際にどのように実施しているかというと、

まず、施術前に術者は手指をよく洗浄後、さらにアルコールで消毒します。

 

次に、患部をアルコール綿で消毒し、エチレンオキサイドガスで滅菌済みの

ディスポ鍼(1回使い捨ての鍼)で施術し、施術後に再び患部をアルコール綿で

消毒して完了となります。

 

使用する鍼ですが、治療院によっては、鍼の使いまわしをするところもありますが、

その場合は、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)による滅菌が必要になります。

 

しかし、最近はディスポ鍼を使用する治療院が殆どで、

当院も『100%ディスポ鍼』で施術をしています。

以上の方法で消毒をしっかりやっていければ、感染はまず有りません。

 

ただし、たとえば抗がん剤を使用しているなど、

著しく免疫力が低下していると感染のリスクが高くなるので、

そういった場合は、医師の判断を仰いでもらってから、施術の有無を決めます。

 

少しでも不安・疑問があると、せっかくの治療が効果を発揮しません。

改めて消毒及び問診の重要性を感じました。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA