湿布のお話

患者さんから「肩こり・腰痛には冷湿布と温湿布のどちらを貼ったらいいの?」

と、よく聞かれます。

 

簡単に言ってしまえば、どちらでもかまいせん。

肩こり・腰痛は、あたためて、血行を良くしてあげれば寛解します。

急性腰痛に限っては、最初のうちは冷やさなければなりません。

 

温めて血行を良くしなければいけないのに、なぜどちらでもいいのか?

 

主に市販の冷湿布は、メントール等が含まれており冷たく感じさせる。

正確に言えば、冷感湿布なのです。

温湿布は、トウガラシエキス等の成分が温かく感じさせる、温感湿布なのです。

 

どちらも消炎鎮痛物質が含まれているので、

その人の好みでどちらでも良いということになります。

温湿布の方が刺激が強いため、ほとんどの人が冷湿布を好むようです。

 

時々この湿布の説明をすることがありますが、

説明するたびに懐かしく思い出す患者さんがいます。

 

10年以上前、私は東京の治療院で働いていました。

当時、担当していた患者さんのことなのですが、

とても明るく性格の良い人で、

その反面、今まで出会った人の中で3本指に入る天然キャラの人でした。

湿布の説明を一通り終えると驚いた顔をして、

「えっ! この湿布を貼ると見えるようになるんですか!?」と、言いました。

私は、一瞬、意味がわからなかったのですが、

どうやら、「“冷感”湿布」を「“霊感”湿布」と勘違いしたようなんです。

 

もし、奇跡的にこのブログを読んでいたら、

「Kさん。人の話はしっかり聞いてくださいね(笑)」

 

 

イトー整骨院 川上

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

ドライブに伴う腰痛の解消!