接骨院と整骨院と整体院の違い

袖ケ浦市野里のイトー整骨院(本院)です。

 

患者様からこんな質問が寄せられました。

「接骨院と整骨院と整体院の違いはなんですか?」

 

「接骨院」と「整骨院」のちがいですが、結論を言ってしまうと 同じ です。

もともとは「接骨院」が正しいようですが、

「接骨院」より「整骨院」の方が柔らかい感じがして、

現代になじんできたのでは と私は思っています。

骨を整えるといった方が、院内で何をしてるかイメージもつきやすいですよね。

 

「それじゃあ接骨院と整骨院、整体院の違いは何なのよ!」

 

といった話になってきますよね。

 

「接骨院」「整骨院」とは

ケガしたときに使う健康保険、仕事中のケガに使う労災保険、

交通事故でケガした際の自賠責保険など、

必要に応じて 保険を使って治療を行うことのできる治療院 です。

また、施術を行う人も、厚労省と文科省によって定められた修業過程を経て、

国家試験をクリアした”国家資格”を持つ人が施術を行います。

 

「整体院」とは

整体を行うところです。整体とは 体を整える イメージですかね。

日本では、手技を用いた民間療法全般を指すことが多いそうです。

整体院は、国家資格を持っていなくても、だれでも開くことができます。

リラクゼーションマッサージなど”民間の資格”を持った人が行っていることが多いようで、

中には無資格の人もいるようです。

 

そのため、治療院の見極めは大事になってくると思います。

 

「接骨院」「院」だったら

国家資格を持ってる方が安心だし、保険も使えて良いじゃないか!!

 

と思いかもしれませんが

国家資格を持っている人が知識や技術を持っていて

持っていない人が劣っている ということはありませんよ。

言ってしまえばピンキリです。

「整体院」に すごい知識と技術を持っている先生もいれば、

「接骨院」「整骨院」に、技術が低くいい加減な人がいる のも事実です。

 

 

最終的には、

自分に合った信頼のおける先生を見つけることが大事

だと思います。

 

使い分けとしては、「接骨院」「整骨院」では、保険が使えます。

捻挫、ぎっくり腰、寝違いは、保険を使って治療を行うことができます。

痛みがある際は、保険を使えるかどうか ご相談ください。

 

 

分院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

自律神経の乱れ