廃用症候群とは

病気やケガなどの治療のため、長期間にわたり安静状態を継続することにより、身体能力の大幅な低下や精神状態に悪影響をもたらす症状の事。

高齢者は特に進行が速い…

1週間寝たままの状態を続けると、10%~15%程度の筋力低下がみられることもあります。
さらに気分的な落ち込みが現れて、うつ状態になったり、精神的な機能低下も見られます。
※床ずれ予防や栄養管理が大切になります。

廃用症候群になってしまった時の対処法

・動く機会を作る

日常生活において自分でできることにおいては、極力自力でおこなうようにする。家事やグループ活動への参加を促しコミュニケーションの場を増やす。

・リハビリ

無理にリハビリを開始するのではなく、まずは患者さん自身が前向きになってもらうことが大切。導入として自宅でのマッサージはとても有効。

・薬物療法

薬物治療が有効な場合もあるため、医師への相談、診察を受けることが大切。

伊藤リハビリセンターでは

まずは前述通り、患者さん自身を前向きにする事が大切になります。
そのため、目的や目標を説明したうえでコミュニケーションを取りながら施術を行います。
「マッサージ(リハビリ)を受けることは気持ちいい」と思って頂き継続していく事が第一となります。マッサージ・関節運動・ストレッチ行い、筋力の維持・向上や日常生活動作の改善を図っていきます。
 

電話 まずはお気軽にお電話ください!
お手続きは簡単です。
◎初回無料体験実施中◎
 TEL 0438-75-7737