RICE処置

RICE処置とは

RICE(ライス)処置とは、身体が捻挫や打撲などによってケガした際に行う応急処置の事を指します。

Rest(レスト)・・・・安静
Icing(アイシング)・・・・冷却
Compression(コンプレッション)・・・・圧迫
Elevation(エレベーション)・・・・高挙、挙上

この頭文字を取ってRICEです。

 

Rest(レスト)・・・・安静

ケガをした際は、まずは安静にしてください。
無理にカラダを動かしたりしますと血行が良くなってしまい、痛みが増したり、ケガが悪化することがあります。
体重や負荷がかからない様にしましょう。
痛くない体勢をとることが大切です。

Icing(アイシング)・・・・冷却

患部を氷や水で冷やし、炎症の拡大を防ぎます。
こうすることにより、痛みや腫れの増加を防ぐことができます。

よく「湿布で冷やした」と聞きます。
しかし市販されている湿布のほとんどは、冷感湿布といい冷たく感じるだけなので、アイシングの効果はありません。
アイシングは、氷を患部に感覚がなくなるまで(15分~20分)あてます。
そうなったらいったん離し、再び痛みが出たらまたアイシングを行います。
これを24~48時間は続けます。

とにかく氷で冷やすことが大事です。
氷が無ければ水で代用します。
冷やしすぎると凍傷になる恐れがあります。
氷は直接でなくタオルやアイスパックを巻いてから行った方が良いです。
凍傷を引き起こすと治療が難しくなります。

Compression(コンプレッション)・・・・圧迫

患部を包帯などで適度な圧迫を与えることにより患部の血流量をコントロールし、腫れや炎症の増加を抑えます。
腫れが酷くなると痛みが増したり、ケガが悪化することがあります。

圧迫が強すぎると、血流障害や神経障害が出たりすることがありますので巻く強さは加減しましょう。
患部の先が青くなったり、シビレが出てきたらすぐに圧迫を緩めましょう。

Elevation(エレベーション)・・・・挙上

できるだけ患部を心臓より高いとこに上げ、血流量を下げることにより腫れや炎症の増加を抑えます。
持続的に上げておくことが大事です。
台やクッションなどにのせて置き、楽な体勢で維持しましょう。

 

最後に

以上がRICE処置と言われる応急処置です。
捻挫、打撲、肉離れ、骨折などの急性症状に役に立つ応急処置です。
犬にかまれた場合などにも使うことができます。

あくまでも応急処置です。自分で診断せずに、医療機関に連絡し指示を仰ぎましょう。
その後、適切な治療を受けるようにしてください。

投稿日:2018年4月22日 更新日:

Copyright© イトー鍼灸整骨院(公式) 袖ケ浦 木更津 君津 市原 , 2019 All Rights Reserved.